コーヒーを飲んで黄ばんでしまった歯は自宅で白くできる?その方法は?

歯に粘着した食べカスは浮かして落とすから歯にダメージを与えることはない。ナチュラル成分のちからで頑固な汚れをガードするように歯を綺麗に保ちます。

歯の表面に付いた緑茶、ワイン、お茶、紅茶等のステインを落とす。

表面をガードする効果により歯の汚れの付着をガード。

ホワイトニングの効能が見込める歯磨きジェルで、手軽に自宅でステインを除去しようとねがう人は多いと思います。でも日本で売られているハミガキ粉は黄ばみを漂白する効能を効果的な成分は配合することができません。

ブライダルに合わせてホワイトニングを自宅でおこなうなら早めに取り組むのがいいでしょう。ホームホワイトニングで歯を綺麗にするなら2ヶ月はみた方がいい。綺麗に白くするなら5ヶ月と必要だと認識すべきです。歯を痛める成分が入っている歯磨き剤はホワイトニングには進めれません。

歯が削れてしまうのでダメージを負い、そこに汚れが溜まって余分に黄ばんでしまうからです。

なので歯を削る成分が入った従来の歯磨き粉での歯を白くするのはお薦めできません。

研磨成分は一時的に歯を削り取って黄ばみを落とすので長い目をみるとお薦めできません。

歯を削る成分で研磨した歯の周囲から着色汚れが粘着し着色度合いが進行する危険性があるんです。近頃は削り物質入りの歯磨き剤より洗浄成分が入ってないハミガキ粉が売上を伸ばしています。歯を傷付けないので、知覚過敏予防にも効果を発揮するからです。タバコや紅茶、coffeeやお茶の渋み汚れは病院でないと取り除けないとされてますが、自宅でも簡単に取り除くことができます。重曹を使うことで黄ばみは少しずつ落ち元の白い歯へ戻すことが可能です。

歯が変色するには原因は一つではありません。虫歯の治療後の劣化、歯磨き粉の研磨剤、歯科医でなければ白い歯にできないケースもありますが、日々のケアで理想の歯をキープする方法はあるのです。

歯を白くする用のホワイトニングジェルの有効な使用方法はホワイトニングジェルを活用する前に歯に付いた歯垢を軽くブラッシングで落とすこと。

先に落とすことで歯を白くする成分がきちんとはたらき有効性を高めます。

あわせて読むとおすすめ>>>>>コーヒー 黄ばみ 歯磨き粉

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です